今週のお題「ゾクッとする話」

のグラインダーの痛い話シリーズ。

大変に好評でしたが、最後の話になります。

 

ついに、、、、肉を切り裂いた?!

これは、僕の先輩に聞いたはなしです。

まず、

グラインダーとは・・・

 

日立工機 電気ディスクグラインダ G10SP4

日立工機 電気ディスクグラインダ G10SP4

  • 出版社/メーカー: 日立工機
  • メディア: Tools & Hardware
  • この商品を含むブログを見る
 

 こいう形の工具です。

この丸いディスクが高速回転して、

あらゆるものをカットすることができる!

そんな万能工具です。

でも、使い方を誤ると・・・・・

 

巨漢ゆえに・・・・

※ここからは、マジスプラッターなんで、こいう話が嫌なひとは・・・・・

 

この先輩なんですが、実はかなりの巨漢です。

体重は100Kで身長は190以上!

もう化け物的がたいの持ち主。

僕はこの先輩がなぜこの業界に居るのかわかりません。

心では「プロレスラーにでもなったらいいのに・・」といつも思ってました。

そんな先輩も若いころに、

親方にグラインダーで線の通りカッターを入れろとの指示。

「了解」

と素直の準備して、手慣れた様子でカッターを入れていきます。

しかし。なんせこのデカいガタイです。

ずーとしゃがんでの作業がきつくなってきました。

そこで、いつものように胡坐をかいて、グラインダーのカッターを、

床に入れていきます。

ほんとは親方に「あぐらで作業はあかん」と言われてましたが、

そんなこと、見られなければ言うことなんて聞くはずありません!

誰もいない場所でもくもくとするコンクリの煙。

そして高速カッターのけたたましい音。

やがて・・・・高速カッターの音がやみ、その代わりに・・・

 

 

 

 

「ぎゃああああああああああああああああ」

叫び声が・・・

嫌な予感がした親方は、

慌てて先輩の元に走ります!

そして、先輩のもとに来た親方が見たものは・・・・

左足太ももを抑えた先輩、

まわりは血と肉が飛び散り、悲惨な状況。

親方は首のタオルで先輩の太もも縛り、

助けを呼ぶ・・・・

やがて救急車が到着して・・・・

 

 

 

現場の片づけに戻った親方は、

その凄惨な場所を一人片づける。

血まみれのグラインダー、

壁と天井に着いた血と肉・・・・

「はあ・・・・・」

溜息をついて片づける。

おそらく胡坐をかいた先輩の太ももを、

高速カッターが駆け抜け、肉を切り裂いたのだ!

 

次の日・・・・

「親方すいません」と先輩。

傷は12針の大けがですが、なんせあのガタイですから、

脂肪の厚みに阻まれて、筋まで切る大事にはなりませんでした。

「ばかやろう!これからは言うこと聞いて気を付けろ!」

と親方。

 

それ以来先輩は胡坐をかいて作業はしていないそうです。

 

以上痛い話でした!!!